FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、クルセ・パラ象徴(?)の一つである「ディポーション」について触れたいと思います。
まずは、スキルの説明から

ディポーション:
指定したPTメンバーの身代わりになって、そのメンバーが受けたダメージを全て自分のダメージに換える。ただし、指定したプレイヤーと自分のLv差が10以内でなければならない。効果範囲を外れたり、マップ間を移動したり(テレポートによる移動も含む)、戦闘不能になると効果は解除される。また、同職にかけることはできない。

要は、「公平圏内のPTであれば対象者のダメージを変わりに受け持ちますよ」
とこういうわけで、「PTの崩壊を防ぐ保険」と捕らえておけばいいと思います。

一見地味なスキルではありますが、上位狩場などでは献身の有無で安定性も変わってきます。

自分がオーバーキル(MHPを超えたダメを受ける)されても献身対象者には戻らないので
たとえば、RSXなどの一部のMVPがもつ爆裂状態からのEQ(アースクエイク)による被害も最小限に抑えられます。もちろん自分は死にますけどね(・ω・;

献身で注意することといえば、
「前にでるか献身に徹するか、どっちらかに徹しましょう」
ということでしょうか。

私も昔よくやってましたけど、前にでて敵を抱えつつ献身はある意味自殺行為だったりします;
せっかく献身かけてるのに自分から敵に突っ込んで死んだら献身かけた意味がありませんOrz

とまぁ、こんなところでしょうか。
あくまで、私なりの献身スキルに対する考えなので鵜呑みにせず参考程度でお願いしますよ!

クルセ系のスキルは癖が強いのばかりですので、自分なりの使い方を見つけてみるといいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://koumagekki.blog71.fc2.com/tb.php/121-1f587eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。